確認してくれず間違いを防いでくれない予約システム

   

学生さんからのタレコミ.

情報通信技術の進歩により,Webシステムを利用することで,いつでもどこでも手軽に物品の購入や新幹線や飛行機の予約,ホテルや会議室の予約などができるようになってきております.

今回紹介するBADUIは,たれこんで頂いた学生さんが通っている某自動車教習所の予約システム.その教習所は,スマートフォンなどを利用して技能教習の予約を行うことができるようになっており,前日までであれば無料で予約の取消を行うことができるようになっているそうです.以前であれば教習所で次回の予約をしなければならなかったですし,変更などは営業時間内に電話で行わなければならなかったことなどを考えると,技術の進歩というのはつくづくありがたいなと思います.

そのインタフェースは下記のような感じ(実際のシステムのスクリーンショットではありません).縦に日が,横に時間が並んでおり,その交差する場所が予約対象の日時となっています.ここで「予約可能」と緑色で表記されている部分がボタンになっており,このボタンをスマートフォン上のタッチオペレーションで押すことにより予約することが可能です.

予約システム

予約システム

で,問題なのはこの「予約可能」というボタンを押すと,即座に技能教習の予約が確定されてしまうということ.「この日時で良いですか?」と予約の確認がなされません.タッチスクリーンで操作できるようになっているため,間違って触ってしまうこともあるわけで,なんとも困ったシステムです.

さらにもっと大きな問題は,前日までしか技能教習の予約の取消ができず,当日のキャンセルだと5000円の罰金を支払わなければならないということ.つまり,日をスクロールしようとしてその日の「予約可能」ボタンを間違って触ってしまうと,その場で5000円が飛んでいってしまうというとてつもなく極悪なシステムでした.

ヤコブ・ニールセンの10 Usability Huristicsにも

Error prevention
Even better than good error messages is a careful design which prevents a problem from occurring in the first place. Either eliminate error-prone conditions or check for them and present users with a confirmation option before they commit to the action.

とあり,ユーザの間違いを防ぐために確認するように!とされていますが,これをまぁ真っ向から無視している凄いシステムでした.BADUIの教材としてはとても面白いですが,罰金5000円を支払わされた側からするとたまったものじゃないですよね.

 - interface , , ,