間違った方に入ってしまう自動改札

   

サンフランシスコの空港からバークレーまでの移動に利用したBART(Bay Area Rapid Transit,サンフランシスコとベイエリアをつなぐ高速鉄道)の自動改札.

bart_entrance2

上の写真にある自動改札で,真ん中の切符挿入口に切符を挿入する際,どちら側から駅構内に入ろうとするでしょうか?

私は一瞬間違えかけ,私の同僚および他の利用者は間違って入ってしまい,自動改札機が開かないと困っていました.

ちなみに正解は右側.日本と逆側(日本の場合右手で切符を挿入するか,カードをタッチしてその左側を抜ける)のため,間違ってしまうのかなと思いきや,日本人以外にも間違っている人が結構いました.

その理由としては切符挿入口の手前にある矢印にあるように思います.この矢印が右上を指しているため,左側にいる人が,右上にある切符挿入口に切符を入れるのだと勘違いしてしまうといった具合.この矢印を設置した人は,きっと右側から入って下さいという説明のために矢印をデザインしたのでしょうけれど,残念ながら違った意味に捉えられるものとなってしまいました.

矢印は視線を誘導するので,人に誤認識させるのに色々使えそうです.隠したいものを矢印と反対側に置くなどするだけでも,人の目をごまかすことはできるかもしれませんね.

なお,私が間違わなかった理由は,下の写真のように一番左側の切符挿入口が目に入ったため.これに目が入らなかったら,間違って入ろうとしてなんで開かないんだろうと悩んでいたことでしょう.

bart_entrance3

 - sign , ,