人を不安にさせる電車の路線案内

   

大学に入るまでJRの駅からバスで30分とかいう田舎で暮らしていた私にとっては,東京や大阪などの電車の路線が多いところで,目的地にどう行ったらいいのか悩み難儀することが多々あります.

天満橋近くの川沿いで開かれる会議に参加するため京都から大阪の天満橋駅へと向かった時のこと.事前に「天満橋駅」を目的地に指定して検索し,淀屋橋行きに乗って向かってました.そして,天満橋駅まであと1駅の京橋駅に到着した時にふと下の写真のような路線案内が目に入りました.

路線案内

路線案内

あれ?天満橋駅が2つある.しかも路線が分かれていて,それまでの駅(天満橋より左側にある駅)はセットになっていることを考えると,天満橋駅は同じ駅名なのにどうやら違う駅っぽい??

目的地は川沿い.つまり,淀屋橋行に乗っていたら川から離れて行ってしまうから中之島方面に乗り換えた方が良いかもと,電車の扉が閉まる直前で思わず電車を降り,その後しばらくして到着した中之島行の電車に乗りました.しかし,当然ですが天満橋駅は1つしか無く,上記の2つは同じ駅でした.単に路線が変わるから分けて書かれているだけなんですね.

路線による分岐はそこまで重要な情報じゃないと思うんですが,何故天満橋駅を2つ書いてしまったのか謎です.天満橋まで一緒にして,そこから分岐させたらよかっただけだと思うんですけどね.ま,そんなこんなで焦らせてくれるBADUIさんでした.

 - design, visualization , ,