観光客に優しくないチケット券売機

   

オランダのスキポール駅で出会ったオランダ国鉄のチケット券売機(写真はスキポール空港のものではありませんがほぼ同じ).

海外旅行に慣れたつもりになっていて,不注意でチケットを購入してしまった(電車が間もなく来るということで焦って購入したというのもあるけれど)私が悪いというのはまぁ間違いない事実なのですが,もう少し観光客などのように初めて使う人に対して優しいシステムであってもいいのでは?と思ったので紹介.オランダ国鉄などでは無賃乗車や不正チケット購入を厳しく取り締まっており,結構高い罰金が請求されます.私も,チケットを間違って購入してしまったことで,8000円近い罰金を払うはめになってしまいました.

罰金制度は悪さをしようとしている人を取り締まるためのものですから,基本的に悪いことをしようとはしているはずのない観光客に対しては,間違った操作をしている場合にはそれを分かりやすく警告として出してあげるべきだと思うのですが,オランダ国鉄のチケット券売機はそうではありませんでした.(まぁ,無知は罪だと言われてしまえばそれまでなのですが)

ちなみに,下の写真は入力している様子.別の機会に入力しなおしたもので,現在指が指している「Full Fair/Discount」の右側も選択されていますが,実際には左から順に縦の列を選択して行くと,その右隣にメニューが展開されて行くといった感じ.

ticket_bending_machine1

ここで,上の写真では本当は「Full fare」を選択しなければならないのに,「Discount」を間違って押してしまっています.「Discount」を押した直後に,現在手で覆われている部分に小さく何かしら文字が出てきています.これが実を言うと警告.

ticket_bending_machine2

上の写真は,文字が見えるように少し手をずらしたところ.「Full fare/Discount」の列の下に,Discountチケットは何かのカードを持ってないと対象外ですとか,間違って購入すると罰金とりますとか書いてあったはず.

この警告が小さい黒い文字で表示されていることと,この警告が表示されるときにその部分が手で覆われており,次を選択する際にはもとからそこにあったかのように表示されているため,気付きにくいというのが問題.

ticket_bending_machine3

ちゃんと入力出来ている場合は上の写真のようになんの警告も出ません.

間違ったチケットを購入すると罰金を払わなければならないのだから,大きくWARNINGと表示するとか,色を変えるなどして注意を喚起することは重要だと思うんですけどね.なんとも,観光客に優しくないBADUIでした.(まぁ,現地に住んでいる知人も結構間違うといっていたので,観光客意外にも優しくないBADUIかもしれませんが・・・)

 - interface , , ,